Rubyリファレンス: Home

Array

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array

Arrayクラスは、配列を表すオブジェクトを提供します。

Arrayクラスのインスタンスを作成するには、[ ]で囲った配列リテラルを使います。次の例では、3つの文字列を持つ配列オブジェクトを作成して変数arrに入れ、2番目の要素をarr[1]で取り出しています。またarr[2] = で3番目の要素を変更しています。

arr = ["dog", "cat", "mouse"]
puts arr[1]
arr[2] = "rabbit"
puts arr[2]
cat
rabbit

Rubyの配列については、配列の記事を参照してください。

よく使うメソッド

要素の取り出し・置換:[][]=、長さ:length、空かどうか:empty?
繰り返し:eacheach_with_index、連結:+、追加:<<
含まれるか:include?、検索:find 、要素の収集:selectcollect
全部○○か:all?、どれか○○か:any?、結合:join、ソート:sort、重複除去:uniq

親クラスとモジュール

Arrayの親クラスはObjectクラスで、Enumerableモジュールをインクルードしています。

Array < Enumerable < Object < Kernel (< BasicObject)

メソッド一覧

クラスメソッド

インスタンスメソッド