Rubyリファレンス: Home

<< (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > <<

array << obj

<<演算子(メソッド)は、左辺の配列(レシーバ)の末尾に右辺のオブジェクトを要素として加えます。レシーバ自身を変更するメソッドです。戻り値はレシーバ自身です。

animals = ["dog", "cat", "mouse"]
animals << "pig"
p animals
["dog", "cat", "mouse", "pig"]

<<の戻り値はレシーバ自身なので、次のような記述ができます。「animals"pig"を追加し、戻り値に"duck"を追加」と解釈されます。

animals = ["dog", "cat", "mouse"]
animals << "pig" << "duck"
p animals
["dog", "cat", "mouse", "pig", "duck"]

関連項目