Rubyリファレンス: Home

delete (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > delete

array.delete(obj)

deleteメソッドは、配列から引数objと同じ要素を探して、すべて削除します。レシーバ自身を変更するメソッドです。戻り値は削除した要素です。要素が見つからないときはnilを返します。

fruits = ["apple", "orange", "banana", "kiwi", "banana"]
fruits.delete("banana")
p fruits
["apple", "orange", "kiwi"]
array.delete(obj) { block }

deleteメソッドにブロックを渡すと、ブロックの戻り値が要素が見つからないときの戻り値になります。

fruits = ["apple", "orange", "banana", "kiwi", "banana"]
p fruits.delete("peach")
p fruits.delete("peach") { :not_found }
nil
:not_found

関連項目