Rubyリファレンス: Home

insert (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > insert

array.insert(index, obj, ...)

insertメソッドは、引数indexで指定した位置に引数objを要素として挿入します。第2引数以降に複数の引数を並べると、複数の要素を順に挿入します。レシーバ自身を変更するメソッドです。戻り値はレシーバ自身です。

animals = ["mouse", "cow", "tiger", "rabbit", "dragon"]
animals.insert(1, "cat")          # 2番目に挿入
animals.insert(-2, "dog", "pig")  # 末尾から2番目に2つ挿入
p animals
["mouse", "cat", "cow", "tiger", "rabbit", "dog", "pig", "dragon"]

indexに範囲外の位置を指定すると、その位置に要素を挿入し、間をnilで埋めます。マイナスの値で範囲外の位置を指定すると例外IndexErrorが発生します。

animals = ["mouse", "cow", "tiger", "rabbit", "dragon"]
animals.insert(7, "cat")    # 8番目に挿入
p animals
["mouse", "cow", "tiger", "rabbit", "dragon", nil, nil, "cat"]

関連項目