Rubyリファレンス: Home

join (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > join

array.join(sep = $,)

joinメソッドは、配列の各要素を文字列に変換し、引数sepを区切り文字として結合した文字列を返します。

引数のデフォルト値は組み込み変数$,の値です。$,の初期値はnilなので、引数を省略すると区切り文字なしで要素を結合した文字列になります。

arr = ["hello", "world", 123]
puts arr.join(", ")
puts arr.join
hello, world, 123
helloworld123

配列の中に配列が含まれるときは、平坦化して結合します。

arr = [1, 2, 3, [4, 5], [6, [7, 8]]]
puts arr.join(", ")
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8

関連項目