Rubyリファレンス: Home

rassoc (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > rassoc

array.rassoc(val)

rassocメソッドは、配列の配列を連想配列のように扱い、キーの値に対応する配列を取り出します。配列の配列の中で、2番目の要素が引数valと同じ配列を探して返します。見つからないときはnilを返します。要素と引数valの比較には、==演算子が使われます。

次の例では、[国名, 都市名]を並べた配列から都市名を元に配列を取り出しています。

capitals = [["Japan", "Tokyo"], ["Italy", "Roma"], ["China", "Beijing"]]
p capitals.rassoc("Roma")
["Italy", "Roma"]

こうした例だけでなく、3つ以上の要素からなる配列の配列でもrassocメソッドは使えますし、配列以外の要素や要素数が少ない配列を混ぜてもエラーにはなりません。

関連項目