Rubyリファレンス: Home

rotate, rotate! (Array)

Edit   History

Ruby 1.9.2

標準クラス・モジュール > Array > rotate, rotate!

array.rotate(count = 1)

rotateメソッドは、要素を回転させるように前後に移動した新しい配列を返します。引数countに正の数を指定すると、要素をその数だけ前に動かし、先頭の要素を末尾に回します。負の数を指定すると、要素を後ろに動かし、末尾の要素を先頭に回します。引数を省略すると、1つ前に動かします。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
p numbers.rotate(2)
p numbers.rotate(-1)
[3, 4, 5, 1, 2]
[5, 1, 2, 3, 4]
array.rotate!(count = 1)

rotateメソッドは、要素を回転させるように前後に移動します。レシーバ自身を変更するメソッドです。戻り値はレシーバ自身です。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
numbers.rotate!(2)
p numbers
[3, 4, 5, 1, 2]

関連項目