Rubyリファレンス: Home

to_s (Array)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Array > to_s

array.to_s

to_sメソッドは、配列を文字列に変換します。Ruby 1.8では、配列の各要素をto_sメソッドで文字列に変換して連結した文字列を返します。組み込み変数$,に区切り文字を設定すれば、区切り文字を間に入れて連結します。

array = ["apple", 123, Object.new]
puts array.to_s
apple123#<Object:0x3c84058>   (Ruby 1.8の場合)

Ruby 1.9 Ruby 1.9では、to_sメソッドはinspectメソッドの別名になりました。

array = ["apple", 123, Object.new]
puts array.to_s
["apple", 123, #<Object:0x1ad6e80>]   (Ruby 1.9の場合)

関連項目