Rubyリファレンス: Home

reject (Enumerable)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Enumerable > reject

enum.reject {|item| block }

rejectメソッドは、条件に合わない要素を探して集めます。ブロック引数itemに要素を入れながらブロックを繰り返し、ブロックの戻り値が偽になったときの要素を集め、配列にして返します。

次の例は、1から30までの整数のうち、2でも3でも割り切れないものを集めます。

p (1..30).reject {|n| n % 2 == 0 || n % 3 == 0 }
[1, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 25, 29]

関連項目