Rubyリファレンス: Home

Hash

Edit   History

標準クラス・モジュール > Hash

Hashクラスは、ハッシュ(連想配列)を表すオブジェクトを提供します。Rubyのハッシュについて詳しくはハッシュの説明をご覧ください。

ハッシュを作成するには、{ キー1 => 値1, キー2 => 値2, ...}のようにハッシュリテラルを使います。Hash.new{}を使うと空のハッシュができます。ハッシュから値を取り出したり、値を設定したりするには、変数名[キー]とします。

scores = {}           # 空のハッシュを作成
scores["Alice"] = 80  # キー"Alice"、値80のペアを追加
p scores["Alice"]     # キー"Alice"の値を取り出し
                      # 3つのキー+値からなるハッシュを作成
user = { :name => "k-sato", :email => "k-sato@foo.xx.jp",
         :address => "Tokyo" }
p user[:name]         # キー:nameの値を取り出し
80
"k-sato"

よく使うメソッド

値の取り出し・設定:[][]=、キー+値の数:length、空かどうか:empty?
キーが含まれるか:has_key?、繰り返し:each
キー+値の収集:selectcollect、2つのハッシュを統合: merge

親クラスとモジュール

Hashの親クラスはObjectクラスで、Enumerableモジュールをインクルードしています。

Hash < Enumerable < Object < Kernel (< BasicObject)

メソッド一覧

クラスメソッド

インスタンスメソッド