Rubyリファレンス: Home

puts (Kernel)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Kernel > puts

puts(arg, ...)

putsメソッドは、引数のオブジェクトを文字列に変換し、改行を加えて標準出力に出力します。引数は複数指定できます。文字列への変換には、オブジェクトのto_sメソッドを呼び出します。戻り値はnilです。

引数が改行で終わっている文字列のときは、改行を1個取り除きますので、getsで得た文字列をそのままputsに渡せます。

puts 123
puts "hello\n", "world"
123
hello
world

引数が配列のときは、配列の要素をそれぞれ文字列にして、改行を加えて出力します。

puts [1, [2, 3]]
1
2
3

引数を指定しないときは、空行を出力します。

puts


Ruby 1.9 引数がnilのときは、Ruby 1.8では"nil"+改行を出力しますが、Ruby 1.9では空行のみ出力します。

puts nil
nil      (Ruby 1.8の場合)
         (Ruby 1.9の場合)

関連項目