Rubyリファレンス: Home

display (Object)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Object > display

obj.display(out = $>)

displayメソッドは、レシーバのオブジェクトを文字列として標準出力に出力します。

出力先(writeメソッドを持つオブジェクト)は、引数outで変更できます。outのデフォルト値はグローバル変数$>で、$>の初期値はSTDOUT(標準出力)です。メソッドの戻り値はnilです。

123.display
"hello\n".display
123hello

関連項目