Rubyリファレンス: Home

to_s (Object)

Edit   History

標準クラス・モジュール > Object > to_s

obj.to_s

to_sメソッドは、レシーバのオブジェクトを表す文字列を返します。Objectクラスのto_sメソッドは#<クラス名:0x16進数>という文字列を返します。

StringArrayなど標準クラスの多くはto_sメソッドを上書きしているので、オブジェクトが属するクラスによって結果はさまざまに変わります。

message = "hello, world"
puts message.to_s
number = 123
puts number.to_s
 
class Cat
end
cat = Cat.new
puts cat.to_s
hello, world
123
#<Cat:0x3ba5114>

関連項目