Rubyリファレンス: Home

String

Edit   History

標準クラス・モジュール > String

Stringクラスは、文字列を表すオブジェクトを提供します。

Stringクラスのインスタンスを作成するには、引用符で囲った文字列リテラルを使います。次の例では、hello, worldという文字列を持つStringオブジェクトを作成し、変数sに入れています。

s = "hello, world"
puts s
hello, world

Rubyの文字列については、次の記事を参照してください:文字列文字列リテラルRuby 1.9の文字コード

よく使うメソッド

連結:+、比較:==、長さ:length、空かどうか:empty?、整数に変換:to_i
部分文字列の検索:include?index、部分文字列の取り出し・置換:[][]=
パターンマッチ:=~match、パターンで置換:gsub、分割:split
1行ずつ取り出す:each_line、改行文字除去:chomp、空白除去:strip

親クラスとモジュール

Stringの親・祖先クラスとモジュールは次のようになります。

String (< Enumerable) < Comparable < Object < Kernel (< BasicObject)

Ruby 1.9 Ruby 1.9では、StringクラスはEnumerableモジュールをインクルードしていません。

メソッド一覧

クラスメソッド

インスタンスメソッド