Rubyリファレンス: Home

<< (String)

Edit   History

標準クラス・モジュール > String > <<

str << other_str

<<演算子(メソッド)は、文字列strの末尾に別の文字列other_strを加えます。+とは違い、レシーバ自身の文字列を変更します。戻り値はレシーバ自身です。

concatメソッドは<<の別名です。

s = "Hello"
s << ", world"
puts s
Hello, world
str << integer

文字列の代わりに整数で文字のコードを指定すると、文字列の末尾に1文字追加します。指定できる整数は0から255です。

s = "Hello, world"
s << 0x21
puts s
Hello, world!

Ruby 1.9 Ruby 1.9では256以上の整数を指定できます。Shift_JISの文字列に2バイトの文字を追加したり、UTF-8の文字列にユニコード番号で文字を追加したりできます。

関連項目