Rubyリファレンス: Home

<, <=, >, >= (String)

Edit   History

標準クラス・モジュール > String > <, <=, >, >=

str < other_str
str <= other_str
str > other_str
str >= other_str

<<=>>=の各演算子(メソッド)は、2つの文字列の大小、つまり辞書的な順番を調べます。それぞれ、左辺が先、左辺が先または同じ、右辺が先、右辺が先または同じ、であればtrueが返り、そうでなければfalseが返ります。右辺other_strStringオブジェクトでないときは例外ArgumentErrorが発生します。

word1 = "happily"
word2 = "happines"
word3 = "happily"
puts word1 < word2
puts word1 > word2
puts word1 <= word3
puts word1 >= word2
true
false
true
false

詳細

<<=>>=は、Stringクラスで定義されているものではなく、Comparableモジュールから取り込まれたものです。

文字列の順序は、バイト列の単純な比較によります。"α" < "あ"は、文字コードがUTF-8なら結果はtrue、Shift_JISならfalseになります。

関連項目