Rubyリファレンス: Home

delete, delete! (String)

Edit   History

標準クラス・モジュール > String > delete, delete!

str.delete(character, ...)

deleteメソッドは、引数で指定した文字を文字列の中から削除し、新しい文字列を返します。引数の指定のしかたはcountメソッドと同じです。

s = "hello, world"
puts s.delete("l")
heo, word

Ruby 1.9 Ruby 1.9では、漢字やひらがななど2バイト以上の文字も削除できます。Ruby 1.8では、"ん"は1文字ではなく、1バイト文字3つの並び(UTF-8の場合)と見なされます。

# encoding: utf-8
s = "こんばんは"
puts s.delete("ん")
こばは
str.delete!(character, ...)

delete!メソッドは、引数で指定した文字を削除します。レシーバ自身を変更するメソッドです。戻り値は、削除する文字があった場合はレシーバ自身、ない場合はnilです。

引数の指定のしかたはcountメソッド、deleteメソッドと同じです。

s = "hello, world"
s.delete!("l")
puts s
heo, word

関連項目