Rubyリファレンス: Home

rpartition (String)

Edit   History

Ruby 1.8.7 Ruby 1.9

標準クラス・モジュール > String > rpartition

str.rpartition(substr)

rpartitionメソッドは、部分文字列substrで文字列を分割し、[前の部分, substr, 後の部分]という配列を返します。部分文字列の検索は文字列の末尾から行われます。

文字列の中にsubstrがなければ、[空文字列, 空文字列, レシーバ自身]を返します。

s = "hello, world"
p s.rpartition("o")
p s.rpartition("x")
["hello, w", "o", "rld"]
["", "", "hello, world"]
str.rpartition(regexp)

rpartitionメソッドの引数に正規表現を渡したときは、パターンがマッチした部分で分割し、[前の部分, マッチした部分, 後の部分]という配列を返します。マッチする部分の検索は文字列の末尾から行われます。

マッチしなければ、[空文字列, 空文字列, レシーバ自身]を返します。

s = "hello, world"
p s.rpartition(/[aiueo]/)
p s.rpartition(/\d/)
["hello, w", "o", "rld"]
["", "", "hello, world"]

引数を指定しないときは、Ruby 1.8でもRuby 1.9でも例外ArgumentErrorが発生します。

関連項目