Rubyリファレンス: Home

Windowsへのインストール

Edit   History

このページの情報は、2010年8月26日時点のものです。今後情報が古くなる可能性があります。

ここでは、RubyをWindowsにインストールする手順を説明します。Windowsでのインストールには、RubyInstallerの利用がおすすめです。

RubyInstallerのダウンロード

まず、RubyInstallerのサイトでインストーラを入手しましょう。サイトのトップページで「Download」をクリックしてください。ダウンロード用のリンクが並んでいますので、1.9.2、1.9.1、1.8.7、1.8.6のバージョンのうち、好きなものをクリックしてインストーラをダウンロードしてください。

RubyInstallerのダウンロード

どのバージョンをインストールしていいかわからない方は、

といいでしょう。

RubyInstallerの起動

「rubyinstaller-何々.exe」というファイルをダウンロードしたら、ファイルをダブルクリックして実行してください。Windows VistaまたはWindows 7の方は、ファイルを右クリックして「管理者として実行」で実行してください。

RubyInstallerの起動

インストーラの画面

「Next」を押して次に進みます。

RubyInstallerの画面1

「I accept the License」をチェックして利用規約に同意し、「Next」を押して次に進みます。

RubyInstallerの画面2

この画面でRubyをインストールするフォルダを指定できますが、通常はそのままにします。デフォルトのインストール先は、「C:¥Ruby187」「C:¥Ruby191」のようになります。

「Add Ruby executables to your PATH」を必ずチェックし、「Next」を押して次に進みます。

RubyInstallerの画面3

インストールが始まります。

RubyInstallerの画面4

インストールが終了したら、「Finish」を押してください。

RubyInstallerの画面5

インストールの確認

インストールが済んだら、正しくRubyをインストールできたかどうか確認しましょう。Windowsのスタートメニューで「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を選んでコマンドプロンプトを開きます。

「path」を実行してRubyの実行ファイルへのパスが設定されているか見てください。「PATH=」のあとに「C:¥Ruby何々¥bin」があればOKです。

> path
PATH=C:¥Ruby191¥bin;C:¥Windows¥system32;C:¥Windows;C:¥Windows¥System32¥Wbem;C:¥Wind
ows¥System32¥WindowsPowerShell¥v1.0¥;C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 5.0¥bin
;C:¥Program Files¥Java¥jdk1.6.0_17¥bin;C:¥Program Files¥Mercurial

次に、Rubyのバージョンを確認します。「ruby -v」を実行して、インストールしたバージョンが表示されればOKです。1.9.1をインストールしたときは次のようになります。

> ruby -v
ruby 1.9.1p430 (2010-08-16 revision 28998) [i386-mingw32]

Rubygemsの確認

Rubygemsは、Ruby用のライブラリ管理ツールです。RubyInstallerにはRubygemsが付属しています。「gem -v」でバージョンを確認しておきましょう。

> gem -v
1.3.7